FC2ブログ

自己を消滅しようとした試み

新年早々の記事としてはいまいちなのかもしれませんが
フト若い頃雪山で自己消滅を試みたことがあったので記載してみる。

単刀直入に言えばとてつもなく「おえっ」経験である。
そう、雪も結構積もっていた季節の山の山頂付近、人影は勿論ない。
自分を消滅させる絶好の日よりと季節。
しかし、2つ誤ったことがある。
一つは消滅を焦りすぎて雪山に身を埋めたのが夕方頃だったころが1点と
夕方頃だったので酩酊するほど飲酒していなかったことである。

以上の2点をクリアしていればひょっとするとあの時に自己の完結消滅はなしえたかもと少し残念に思うこともある。
結局深夜にいたって雪の冷たさが痛みに代わり安楽な消滅など夢のまた夢といった体裁で山を下山してこざるをえなかった。
あの時あの冷たさが痛みになっていなければ完結した自己消滅を行えたのにの思うと無念極まりない。

自己消滅の機会は「機会」と「計画」にあるなと思う。
できるだけ他者の迷惑にならないように、痛み無きようにとするのが要領かと思ったりする。

テーマ : 学習
ジャンル : 学校・教育

運命と神?

道で
「あなたは運命を信じますか?」
とか
「神がいると思いますか?」
とか聞かれたことがあるが個人的な感想として
運命といういかにして抵抗しても無意味な未来なる何らかの悲しみや嘆きがあって
その道筋を生まれながら、そして生まれてからのその後において決めている何かが
神なのかもしれないと感じることがある。

例えばとある日の私は食を取らないようにしなければならなかった。
要因は色々ある。
日銭を得る労働の為休息を取ることができなかった。
とある日においては気がつけば増税という事項が決まっていて食を得るより住居の費用を優先せざるを得なかった。
と言うようにその後において決められた何かによって選択肢が1択のみとなる場合。
と様々である。

運命はかえられない
と風の噂で聞いたこともあるような気がしますが
一理あるなあと感じます。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

余命について考える。

時々考えますが
親の遺伝とかがあるのであれば私の余命もあと10年程度かな
とおもったります。
「若い時に親を失うことで色々苦労や経験ができたんだから社会に感謝すべき。」
と語る方もいらっしゃいますがこのまま予定通りの遺伝余命で消滅すれば
予想通りの虚無感が残るだけかな
とは思います。

喪失感、虚無感が日々を流れその先に消滅があるんだろな
と日々思いを巡らせます。

テーマ : 生活の中で
ジャンル : ライフ

とりあえず

明日からの嘆きが書きやすいようにワンクッション。

この記事は予想では約20年間のつもり積った
嘆き&
悲しみ
のそれとない日々の愚痴記事になるかと。

見て共感される方は共感いただき
反論される方は反論すればいいかと。

ただ反論してもきっとなんもないと思いますよ?

挫折だけしか知らない人と
リア充を知ってる人とは
ま、別カナ~って
思いますよ?
検索フォーム
プロフィール

ためいきおじさん

Author:ためいきおじさん
20代~学校卒業時新卒カード就活失敗~

失敗と後悔、奮起し正社を目指し日商いっきゅうさんの合格を目指す。

合格
~が、引き続きふり~たしつつ資格を必要とする雇用先を目指すも採用はなく超絶肉体労働玉入れ業界のホールスタッフとして更なる日銭を稼ぎ続ける。

30代~肉体的崩壊と勤め先の閉店~
玉入れ業界からノルマんでぃ~な営業職に転職、人生の行先に悩みつつも日銭最優先の今日この頃

40代目前~勤め先は買収される。積み重なるノルマンでい~に精神崩壊~
気がつけばわ~ぷあ~な配送員となっていた。

40代を超え~改善という言葉の意味は理解できなくなり、更なる賃金の低下を提案いただいたワープア配送業者を退職し日雇い労働者として日々を送る。

行書ちゃん試験合格。
後40にして惑う人生、汚物を処理し日銭を稼ぐ国家職業安定策に乗るか、飢えて消滅するかの選択肢のうち前者を選択。
最近YouTubeやりはじめました、チャンネル登録いただけると幸いです。
(リンクはhttps://www.youtube.com/channel/UCQRSmgWObz3N_L99sp056TA/featuredです)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキングリンク

FC2Blog Ranking

その他ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングプア日記へ
にほんブログ村
カテゴリ
QRコード
QR